確定申告TOP > 確定申告 医療費 > 確定申告 医療費控除 明細書

確定申告 医療費控除 明細書

確定申告の医療費控除。
明細書が必要になったんですよね。

これは重要な変更なので
詳しく見ていきましょう。

国税庁のホームページで以下のように
説明がされています。

平成29年分の確定申告から、
医療費控除の明細書」の添付が必要となり、
医療費の領収書の添付又は提示は
必要ありません。

ただし、明細書の記入内容の確認のため、
確定申告期限等から5年間、
税務署から領収書(医療費通知に係るも のを除きます。)
の提示又は提出を求める場合がありますので、
領収書はご自宅等で保管してください。

※平成31年(2019年)分の確定申告までは、
領収書の添付又は提示によることもできます。

出典:国税庁医療費控除の明細書

というわけで、領収書は一定期間
保管する必要があるという意味では、
個人事業主や法人を持っている人にとっては
特に違和感なく受け入れられるかと。

私の奥さんのようにサラリーマン
(給与収入のみ)の場合は、
領収書を5年間も保管しなきゃいけないの??

ってドン引きするのが普通なのかもしれませんw

スポンサードリンク

カテゴリー: 確定申告 医療費コメント(0)